stream

 不登校対策のゴールは、再登校ではありません。相当の無理をしてやってきた結果の不登校であることを、まず認めてあげることが必要です。

 大きな隊列から離れるときには、誰しもが不安になるものです。それは、社会人も、学生も同じ。 社会人なら、休職、退職、転職の選択ができますが、子どもたちは、そうはいきません。学校を休むしかないのです。

 大きな隊列で生活を守っている親からしたら、学校という隊列から外れるわが子は、心配で仕方がないかも。
 しかし、ここは、覚悟を決めるしかありません。不登校対策のゴールは、再登校ではなく、ちゃんと休めた自分を褒めてあげることです。

もとねすメモ) 私自身も、休むことも選択しながら。

(Visited 11 times, 1 visits today)
カテゴリー: ラーニング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です