green street

 矢野和男 @kazuoyano さんの「データの見えざる手」を再読しました。最先端の技術をトライしながら、普遍的な法則を見出そうとしている姿勢にあらためて、感銘しました。

 私自身は、毎日の生活のなかで、本書で紹介されているいくつかの法則を試しています。
 デスクに座ってばかりいないで小まめに動き、チームのスタッフ同士でコミュニティが成り立つよう計らったり。一日中、書きつづけることも、不可能であることも学びました。

 データはすでに、見えざる法則として、すぐそこまで正確に手を伸ばしています。この分野には、私たちがさらに幸せになれるヒントがあるようですね。

もとねすメモ)SFのようですが、現実ですからね。ハラハラしながら、読んでしまいました。8/4(土)の全国大会では、特別講演をお願いしています。

人工知能でどうするのか【8/4(土)AI時代の教育-次世代プロジェクト学習-未来教育全国大会2018】 #横浜
http://motonesu.net/2018/06/ai-yokohama

(Visited 27 times, 1 visits today)
カテゴリー: Diary

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です