spring flower

 受験のテクニックとして、小論文の書き方を勉強していた時があります。フォームを決めて、自分の主張を限られた文字数で伝える。ピシッと決まったときは、気持ちがよいものです。さまざまなテーマについて、ゲームのように練習を続けていました。

 いつしか、受験も試験もなくなり、「書く力の使いどころ」は行き場をなくしました。

 それでも唯一残ったのは、小学生から続けている日記です。手書きのノートに始まり、パソコンやiPhoneに移り、今も書き続けながら、こうしてブログの記事へと昇華されています。

 いま、私自身に問いたいことは、書く技術を学んだところで、自分はナイスなテキストを書いているのか、ということです。密度の高い材料がそろったときに書く文章、書きながらメッセージが形作られる文章、仕事で使う文章、それぞれに。

 書くということは、思考を見ることで、行動のきっかけで、最後には生き方になる。
 書きつづけるしかないなぁ。

もとねすメモ)今日もたくさん、書きましたよ。

(Visited 17 times, 1 visits today)
カテゴリー: 書き方

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です