mori ogai

 地域の医療やヘルスプロモーションとして良いことをやっているつもりが、そうでもないと気づかされることもあります。

 社会的なインパクトを評価するまでもなく、考え直したくなるのは、たとえばこんなときです。

 地域の住民のために、自然な良心で地域に開設をした「まちかど無料健康相談」。ここには、当然、相談に来られない人もいます。

 それを補うために、地域診断(community vital signs)をはじめるのですが、そのドアを叩く音にも応えない人もいます。

 そこで、コミュニティが登場します。このコミュニティが「まちかど無料健康相談」や「地域診断」に関わりはじめて、まちづくりがスタートします。

 まちづくりの設計図には「医療」は欠かせません。そのとき、医療機関は「地域」の文脈のなかにコミュニティとともにいる自分を再発見するのでしょう。それは、自然な良心によるものではないはずなのです。

もとねすメモ)やってみて、ふりだしにもどって気づく。

(Visited 16 times, 1 visits today)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です