MacBook

 昨年、WHOの国際カンファレンスに参加したときに、「アドボカシー(advocacy)」という聞き慣れない単語に出会いました。

 日本人の通訳さんに、意味をたずねたら、「日本語にない単語かな。んー、難しいな…。このカンファでは、『弱い立場にある人の主張を代弁する』という意味で使っているかな」と説明をしていただきました。

 アドボカシー。ちょっと、調べてみましょう。

もとねすメモ)知らない言葉に出会えることの幸せ。

リベラルアーツ(教養)がきわめて大きな経済的価値を生む可能性があるという。
LIFE SHIFT(ライフ・シフト)―100年時代の人生戦略

(Visited 34 times, 1 visits today)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です