Stew cream

昨日の記事で、「さまざまな課題を前にどう悩むかを思案していた私」という書き方をしました。

どう悩むかということを思案できるということは、悩みを目の前にしながらも、その悩みに押しつぶされることなく、悩もうとする姿勢です。つまり、どう悩むかという姿勢をとれているということは、もう一人の自分が、悩んでいる自分のことを見て「悩んでいるねぇ」と声をかけてあげられる感じ。この関係が作れれば、しめたもの。たいていの悩みには、うまく悩めるはずです。

しかし、最近の私には、あまりにたくさんの悩みが並んでしまいました。この数ヶ月は、本当にたいへん。いまもたいへんなままです。

そこで、思案してみたのは、悩み方のフォーメーションです。このことに悩んでいる私、あのことに悩んでいる私、ここで悩んでいる私・・・。ずらーっと並ばせて、たいへんだねぇ、とそれぞれに声をかけてあげる。

これ、すごいフォーメーションです。
「悩んでいる自分」には、悩まない。
悩まないで済みますから、大丈夫な自分になれるんです。

もとねすメモ)でも、この悩みたちも、いつか何とかしなきゃ。

◆無形の資産の3分類
1.生産性資産 2.活力資産 3.変身資産
LIFE SHIFT(ライフ・シフト)100年時代の人生戦略

(Visited 25 times, 1 visits today)
カテゴリー: DiaryEssayマネジメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です