2017年に読んでよかった本 その2

2017年に読んでよかった本 その2

 働きながら、もっと勉強をしたいと思っていましたが、なかなか難しいものでした。  でも、勉強の方法という点では、千葉雅也「勉強の哲学」に助けられました。深く勉強するための方向を示してくれたからです。  わからなくていい、…

2017年に読んでよかった本

2017年に読んでよかった本

 今年もたくさんの読書ができました。読むことによって、世界の見え方が変わった経験もできました。  一生を書けて人は、どれくらいのことを書けるのか。その手応えを確かめたくて、今年は村上春樹の全集を読んでみました。 講談社の…

音も良い【MacBook】今年いちばんの買い物

音も良い【MacBook】今年いちばんの買い物

 今年の買い物のなかで、とてもよかったものの1つは、MacBookです。軽くて、適度な画面の広さがあり、バタフライキーボードは快適です。  あまり取り上げられていないことのようですが、もう1つMacBookには褒めたいこ…

自由を手に入れる

自由を手に入れる

 自由を手に入れたい。  中学生くらいのときから、そう願っていました。試験勉強、部活、友人関係からの窮屈さから逃れたい気持ちが、自由を求めたのかも知れません。  社会人になり、自由になりたいという気持ちは、少し薄れてきま…

最近読んだおもしろかった論文は ?

最近読んだおもしろかった論文は ?

 最近読んだおもしろかった論文は、なに?、と聞かれました。保険薬局の取締をしている先輩は、会うたびに、私に声をかけてくれます。  できるだけ、興味をもってもらえるような題材を紹介したいと思うのでが、先輩にとっては当たりも…

正確にやることが正解ではない

正確にやることが正解ではない

正確にやることが正解ではない もとねすメモ)正解に計算ができれば、その答えは「正解」です。この積み重ねで、科学は進歩してきました。一方で、いくら正確さを積み重ねても、うまくいかないこともあります。むしろ、日々の暮らしや仕…

中学受験「国語」の長文

中学受験「国語」の長文

 中学受験用の「国語」の長文を読む機会がありました。長文とは、大きくわけて、小説と説明文が出題されることが、多いようです。  説明文は、書店に並ぶような新書やビジネス書からの出題もあり、ちょっと驚きました。要点を理解して…

「悩んでいる自分」には、悩まない

「悩んでいる自分」には、悩まない

昨日の記事で、「さまざまな課題を前にどう悩むかを思案していた私」という書き方をしました。 どう悩むかということを思案できるということは、悩みを目の前にしながらも、その悩みに押しつぶされることなく、悩もうとする姿勢です。つ…

魂をつかって相手と関わる

魂をつかって相手と関わる

 昨日の記事で、日野原重明先生の「人生という時間に、魂をこめること」という言葉を紹介しました。  魂といえば、もう1つ関連するエピソードがあります。  ある看護協会の研修会でファシリテーターをするために、ホテルで急いで朝…

日野原重明先生「人生という時間に、魂をこめること」

日野原重明先生「人生という時間に、魂をこめること」

 聖路加国際病院とは、何かのご縁があるのかも知れません。そもそも、私が生まれた病院であるということ。薬剤師になって、質問のレターを出しところ、教材付きのお返信をいただいたこと。さらに、今年、お亡くなりになられた日野原重明…