sawara

 というわけで、この一ヶ月は、iPhoneの代わりのようにiPad miniを持ち歩いています。

 iPhoneよりも画面が広いので、リーディングのスピードが上がりますね。Kindleの書籍も、論文フォルダに入れたPDFも、はるかにiPhoneよりも読みやすい。
 非力なわたしでも、電車内で片手で読めてしまうのもいい。30分くらいは、疲れることなく読めますね。

 早朝は、いまも4時起きを続けていますが、どうしてもベッドから出たくないときには、そのまま寝床でiPad miniでリーディングです。画面の明るさに目が刺激され、眠気もとれて、これもまた良し。

 年末が近づいて久しぶりの友人と会うときにも、広い画面はいいですね。写真をみんなで見るときにも、ちょうどよい大きさ。

 リーディングと複数メンバーで手軽に使えることを目的にしているので、iPad mini のアクセサリは、シンプル。ボディカバーと強化ガラスだけです。

 気兼ねなく使い倒すには、いい選択でした。

もとねすメモ)久しぶりの記事アップ。たくさん下書きは書いているので、今月はもっとアップできるといいな。

詩はすべて機会の詩でなければいけない。つまり、現実が詩作のための動機と素材をあたえるのでなければならない。
(エッカーマン『ゲーテとの対話 上』)

購入したiPad mini4 のアクセサリは、こちら

(Visited 48 times, 1 visits today)
カテゴリー: iPhoneMac

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です