karuizawa minamigaoka

 いま、いちばん私が使っているアプリは、「メモ」です。どこでもすぐに書けて、同期の手間がいりません。ブログの下書き、やることリスト、読みたい本、読書メモの読み直し、日記など、これだけで、すべてができてしまいます。

 ありがたいなーっと、使う度に言っているくらいです。不安定さもないし、書きかけで同期しても、可能な範囲で整合性も合わせてくれます。

 こんな単純なメモだけで、やりたいことの「あれこれ」を完結できていることが、なによりうれしい。付加機能に依存せずに、やりたいことができていることは、わたしが「メモ」を使っているときに感じるうれしさの理由でもあります。

 次の OS X のバージョンアッブでも、このままシンプルであってほしいな。

もとねすメモ)2年前にも、同じような記事を書いていましたね。よほど、気に入っているのか…

シンプルこそ使いやすさ【MAC OS X 付属のメモ帳】
http://motonesu.net/2014/08/mac-os-x-note/

「アイデンティティ」と私がいうのは、人が自分を理解する仕方であり自分を見る見方、また他者からの見られ方、すなわち、自己についてのかなり安定した知覚である。
(『状況に埋め込まれた学習―正統的周辺参加』Jean Lave, Etienne Wenger)

(Visited 74 times, 1 visits today)
カテゴリー: AppMac

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です