Thumb IMG 8555 1024

クリント イーストウッド の作品からもらうのは、いつもプライド。

根拠のない気合い、といってもいい。

プライドは原動力にもなるから、迷い気味なときには、見た方がいい映画ですね。

主人公のじいさんは、ガハガハと笑いながら、ちょっと本気だしちゃおうぜっ、と気の合わない仲間と文句をいいながらも、やることをやってしまいます。

ふと、私のまわりにも、そんな上司いるし、結構な力を出してくれるな、と。こういう先輩方は、ずっとそばにいてくれなくてもいい。たまにでいいから、すごい底力を若いスタッフに見せてほしいと思います。

でも、そういう世代も、定年でサヨナラがほとんど。

イーストウッドの作品なら、いつでもそういう夢を追うじいさんの背中を見られます。

もとねすメモ)力強い勝ちの方程式のようなものを、クリント・イーストウッドは、もったいるんだろうな。たぶん、負けの結果はでないような方程式。実際は負けのときに、どんな解法を見せてくれるのかな。見せてくれないんだろうな…。

I can’t fill up a space shuttle with geriatrics!

(『Space Cowboys』より)

(Visited 74 times, 1 visits today)
カテゴリー: Movie

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です