Thumb IMG 8559 1024

 新年度がスタートする前に、Evernoteを整理しようか、迷っています。

 EvernoteのノートブックはGTD型(Get Things Done)のフローで用意をしているのですが、さいきんは、GTDとしてのフローを機能させていません。というのも、気になったノートを取り出すのに、検索をすればすぐに見つかるからです。

 結局は、自分で思い出したことくらいしか、魅力あるテーマはないようです。という立場に立つと、ノートブックやタグによる整理すら必要なく、不便も感じません。
 しかし、自分で思い出せないことにも、魅力あるテーマはあるかも?、という期待があるなら、GTD型のフローが有用な気がするのです。

 たとえば、自分の脳が選択した興味や関心には強力で根強いこだわりがありますが、興味も関心もないことに歩み寄れる自分だけのきっかけは、なんでもない膨大なメモ書きに潜んでいるかも知れません。

 それなら、GTD型Evernoteを再稼働させた方がよいのかな、と思っています。

◯ GTD型Evernoteを再稼働させるための覚え書き
1. next action をふりわける → reference
/// next action が active になる
2. inbox をふりわける → next action, reference
/// inbox が active になる

関連する記事)
たった3つのノートブックでできるEvernote+GTD

もとねすメモ)久しぶりに、ブログをアップ。

そう、いま必要なのは、「自信を持って」とか「躊躇しないで」とか「間髪を入れずに」という部分じゃないでしょうか。
(早野 龍五『知ろうとすること。』)

(Visited 91 times, 1 visits today)
カテゴリー: Appマネジメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です