20歳をすぎてからの思考スピードと短期記憶


through the window

齷齪しているのが可笑しくなる。一つづつ、堂々と向かったらいい。
(夏目漱石『三四郎』)

 本日、44歳になりました。ここまで年を重ねられたことをありがたく思っています。

 40歳になったときには自覚できなかったことも、40代もなかごろになるとわかってくるものがありますね。

 睡眠は十分にとりたいし、食事とお酒はほどほどがちょうどよくなりました。一方で、モチベーションや気力も以前とはなにか違う気がしています。でも、対応の方法がわかりませんでした。

 東北大の川島教授のお話をうかがうと、モチベーションや気力は、脳の使い方からも影響を受けるようです。脳のハードディスクにあたる部分は歳を重ねても維持されるようですが、CPUとメモリー部分は20代以降は衰えていくようです。
 そして、CPUとメモリーはトレーニングによって補えるそうです。CPUの性能を高めるには思考するスピードを上げること。メモリーを拡張するには、短期記憶の機会を積極的に作ること。ふむ。

 睡眠や食事は年齢相応に自然のままにしておくこととして、モチベーションや気力へも配慮してみようかなと思います。

もとねすメモ)区切りは、たいせつにしよう。

(Visited 41 times, 1 visits today)