tomioka

 アンケートの入力を100名分くらいまとめてやったら、左手首が腱鞘炎になってしまいました。キーボード入力をすると、イヤーな痛みが…。

 これでは、仕事になりません。湿布を貼り、手首と腕のストレッチをまめにやって、肘は90度になるように机と椅子の高さを調整しました。さらに、手首にバンド、アームレストもこれから、準備しようかと。

 ま、痛みがでない程度に、左手を使う作業は、少なめに。となると、できることは、限られます。右手だけでは、ログを読むことくらいしかできない。でもキー入力は、iPhoneでフリックだけなんて、仕事になりません。

私たちは、インプットとアウトプットの、
アンバランスを生きている。

(山田ズーニー「おとなの小論文教室。」ほぼ日刊イトイ新聞)
https://www.1101.com/essay/2004-08-04.html

 多くのことをインプットしてきても、それはちゃんとアウトプットできるか、わかりません。情報を読み込んで思考をしていても、アウトプットができるない不自由さは、うまくいかなかった数々のシーンを想像させてくれます。

・練習では泳げたのに、検定試験で25mが泳げなかったとき。
・本当は「ごめんね」と言いたかったのに、言い出せずにサヨナラしたとき。
・熱心に準備したけれども、作られなかったレシピ。

 届かなかった、届けられなかったアウトプットたちに、次の機会はあるのだろうか。
 インプットとアウトプットのアンバランスって、切なさですね。

もとねすメモ)インプットとアウトプットって、綺麗な相関ではないのだろうな。

(Visited 69 times, 1 visits today)
カテゴリー: Diary

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です