Thumb IMG 7674 1024

 品川駅構内にある「PAPER WALL エキュート品川店」で、ふと手にした一冊は、群ようこ「働かないの―れんげ荘物語 (ハルキ文庫)」でした。思わずレジで、お買い求めしようと思ったのですが、よく見てみるとこれは、「れんげ荘」の続編だったようです。

 群ようこといえば、「無印」シリーズ。無印良女、無印OL物語、無印結婚物語…。中学のころに何を選んだのか忘れましたが、文庫本で女心の世界ってどんなかな、と興味津々だったものです。

 そんな過去の光景に纏われながら、私はこの【れんげ荘】群ようこを手にして、今日は通勤電車に乗っています。

 いいですねぇ。まだ、よくわかりません。
 なぜ、この本を私が選んだのかも。ストーリーも。

会社の仕事という立ち乗りの絶叫マシーンに乗ってしまったら、想像を越える速さで走り出し、最初は振り落とされまいと踏ん張っていたのが、そのうち脱力したままマシーンの動きに身を任せ、そしてその脱力した自分の体重さえもてあますようになって、降りるのを決意したのだ。
(群ようこ「れんげ荘」より)

 おおっ。こんな数行で、勤め人を描写できるのは、すごい。

 やはり、最後が気になります。
 どんな締めをしてくれるのか。
 どんな学びが待っているのか。

 おっと、そろそろ下車駅です。

もとねすメモ)小説くらい、夢をみたいものです。

(Visited 50 times, 1 visits today)
カテゴリー: BooksDiary

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です