やっぱりリリーさんだな


wall of street

 40代にやっておきたいことは、少しづつ達成しつつありますが、1つ、どうにもなっていないことがあります。それは、おもしろい人になっておく、ということです。

 なぜ、おもしろい人になりたいのか。それは、おもしろい人って、魅力的だからでしょうね。免状や点数は、市場価値がありますが、おもしろさは無償であり、その場面で消費しちゃうもの。そこにパワーを使えるって、人としての魅力だと思うのです。
 でも、おもしろさを身につけるには、どうしたらよいのか、よくわかりません。

 そして、ある日、テレビでリリー・フランキーさんの姿を見て、気がついたんです。

「よけいなことを考えている」

 リリーさんは、トーク番組の司会という役にありながらも、相当よけいなことを考えています、たぶん。おそらく、真面目で几帳面な性格でいらっしゃるから、司会業務は自動でできちゃう。だから、ははん、とよけいなことを考えて、にやにやしちゃう。これこれ。

 と、ちょっと希望を見出したのでした。

 今日も1日すごしましょう。

もとねすメモ)よけいなことって、ふつうに考えているんだろうな。

 

(Visited 50 times, 1 visits today)