ほぼ日刊イトイ新聞
(ほぼ日刊イトイ新聞より)

 糸井重里さんのブログ(http://www.1101.com/home.html)を拝見していると、うまいなぁ、と関心します。

 私のブログは、つねにどうすれば、もっとよくできるかを追求する傾向があります。よく言えば、上昇志向。有限で不実行がつづいても、こうだったらいいかも!、の連発。読んでいただいている方は、疲れていないだろうか?、と心配にすらなります。

 一方で、糸井さんのブログは、気づきを水平展開したり、自己の経験を俯瞰して垂直展開しながら、テーマについての「穴」を見つけて、「これ、なんだろうねぇ。いい匂いするけど?」と読者を連れ込みます。読者は、そこに穴があったことにびっくりして、自分ごとだと知らされて、2度目のびっくりをします。しかも、その驚かせ方に、嫌味はありません。語り口調は、旧友のように、肩に力は入れずに、格好もつけているようにも見えないのです。

 こういうブログ日記を書けるように、なりたいな。
 パーソナリティという同軸性を信頼しながら、不均等な感覚を楽しめるような。

もとねすメモ)匂いや美味しさを、探すこと、見つけること、シェアすること。





(Visited 73 times, 1 visits today)
カテゴリー: Diary

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です