in the bus

 「期待される私の役割」を果たそうと、努力をしてきました。
 期待があったからこそ、成果をだせてこれたことも事実です。

 一方で、この期待とは、他人からの期待です。ありがたいのですが、相手によって求められるものは変わります。おかげで、いろいろなことができるようになったのも確かです。

 でも、そろそろ、それも終わりにしようか、と。

 なぜなら、期待されるのことの相手は、他人よりも、自分自身の方が良さそうだからです。もしも相手が自分だったら、この勝負は、一生続きます。よいところも、弱みも握っている自分が相手なら、相当手強いはず。嘘は100%バレますし、うれしいことはうれしい。

 ですから、もしも相手が自分だったら。それは、最高の相手だと思うんです。

もとねすメモ)相手は自分、ということで、2015年の目標かな。

(Visited 9 times, 1 visits today)
カテゴリー: Diary

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です