川の流れ

 問題を解決することを優先して、合理的な判断をするためにも、私はもう少し自分の感情を使って、相手の話を聞こうと思います。

 というのも、私は、話を聞きながら、相手の感情が強く出てくると、私ではコントロールできないことだと自動的に判断をして、成り行きに任せるような態度をとる癖があるのです。

 その結果は、人間関係としては薄い関係で終わるということです。すべてに濃さを求める必要はありませんが、もう少し自分の感情を使ったら、より相手の個性こそ育める可能性がありそうです。

 相手から感情表現が出てきたときに、自分が驚いたり逃げそうになったら、そうしている自分に声をかけながら、相手の話を聞こうと思います。

もとねすメモ)自分の感情と適切な距離をとる才能は、常に冷静に思考をもたらす





(Visited 8 times, 1 visits today)
カテゴリー: コーチング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です