仕事って何のためにやっているのだろう?


R0028656

 「仕事って何のためにやっているのだろう?」

 10年以上もマネジャーをやっている友人から、深夜にメールが届いた。私の答えは書かずに返信をした。ムズカシイ問題には、答えがなくても、とるべき態度はあると思う。

1.対象を定義しよう
 この場合の「仕事」とは、何か?。「本人」にとっての仕事が何なのかをハッキリさせれば、たいていの問題は、解決される。だから、悩みの対象を定義しよう。

2.なぜ、対象をすれば解決するのか?
 主張は、対象+意見でできている。この場合の対象は「仕事」だし、意見は「何のために?」という感情だ。対象を定義しておかないと、意見や感情は、いつまでも宙を彷徨う。一方、悩みの源泉である対象がわかれば、対応ができる。だから、対象を定義する必要がある。

3.たとえば、仕事といってもいろいろある
 仕事なら、業務内容、任務と目的、職場の人間関係など、解釈はいろいろだ。本人が悩んでいる「仕事」とは、何のことなのか。対象に目を向けて、自分で語ってみたらいい。

気づき)ノートを綺麗に書いているのに勉強ができない。そんな人は、綺麗にノートを書くエネルギーを、別のことに使ってみたら、勉強ができるようになるのかも知れない。

(Visited 14 times, 1 visits today)