せっかくの連休こそ自分を再起動[大人の夏休み]


P6120007

 フランスにいる友人が「夏休みは4週間だよ」というので、4週間も休みがあったら何をするのだろうと、想像してみました。あれこれバカンスの過ごし方を思い浮かべながら、結局「休む」って、何が目的なのか?、という問いに行き着いてしまいました。

 「休む=電源を切る」ことで、自分を再起動させましょう。平日はもちろん、休日でさえも「休む=電源を入れながらスタンバイする(サスペンド、仕事効率は良い)」なら、思いきって休日は再起動してみてはどうでしょう。なぜなら、OSは再起動しないとアップデートしませんから。

< 3日間の連休を取得できるなら、こんな感じでしょう >

[ 1日目 ]終わらせる

 休暇中に仕事を持ち帰ったとしても、できることは制限されます。家事だって、数日もあれば終わってしまうでしょう。やることを終わらせることが、第一ステップ。

[ 2日目 ]何もしない

 終わらせたら、何もしない時間を過ごしてみる。窓を開けて、空気を入れ替えて、ソファでぼんやりする。無心になることは、以外に難しく、1分間でも煩悩を追い払うことが、第二ステップ。

[ 3日目 ]ちょっとやってみる

 日常生活という積極的な惰性から解き放たれたまま、動いてみる。いままでと同じことでも、違うことでもよいので、ちょっとやってみる違う感触が残るはず。

気づき)慣れてくれば、ふだんの日曜日でもできるかも。





(Visited 15 times, 1 visits today)