DSC01311

 朝食の目玉焼きは、半熟にしてほしい。
 ごはんの上に、ベーコンと半熟の目玉焼きをのせて、醤油でいただくことが大好きな私は、彼女に「半熟でお願いね」と、ひとこと申し添えました。ところが、いざ、いただきます!の声の下方には、しっかり固まった感じの黄身が…。

 「あれ?」
 「ああ、期限がギリギリだから、よく熱しようと思って、しっかり焼いたよ」
 と、彼女の返事。
 「おお、ありがとう」

 半熟にしなかった「主張」は、期限がギリギリだったためよく焼こうとした「根拠」があったからで、それは、私の健康を気遣っていることの「論証」である。と、理解すれば、怒る必要もない。

 「半熟がいいって言ったじゃん!」
 「だったら、自分で焼いたらいいでしょっ!。もう作らないから」
 もしも怒っていたら、事象の理由は明かされないまま、感情を投げ合い終わってしまう。

 コミュニケーションは、信頼を築くために。

気づき)主張、根拠、論証って、やはり基本ですね。

ゲーテは70歳にして恋をしたのだから
http://motonesu.net/archives/534






(Visited 16 times, 1 visits today)
カテゴリー: コーチング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です