引き継ぎ「一回壊していいから」


R0027609

 教育委員に新しいスタッフを、配置しました。2013年4月からの任命でしたので、第3期の実務実習から、ポートフォリオとプロジェクト学習についても彼女が、実施をしていきます。

 「一回、壊して、新しく建て直していいよ」と、私が引き継ぎをするときには、前置きをおいています。どのような任務でも同じように、そう伝えています。乱暴な言い方に聞こえますが、このくらい言っておかないと、引き継ぐ相手が、自分でやるというモードにならないからです。

 引き継ぎつつも、主体的に次の世界を作り出してほしい。私は最善を尽くしたけれど、あなたはあなたでやってほしい、と思っています。

 「まず、いままでやってきた方法を、そのまま伝授して下さい」と言われたら、
 それは相手からのリクエストですから、私は、誠意をもって、すべてを伝えます。

 あとは、どんな家が建つのか。
 見守りながら、楽しみにしていよう、と思います。

気づき)受け渡す私自身も、業務を棚卸ししながら。





(Visited 17 times, 1 visits today)