スクリーンショット 2013 11 26 18 28 08

 メール送信をするときには、いつも冷や冷やします。主旨はきちんと伝わっているか、読みやすさ、誤字脱字のチェック。何度見直しをしても、安心できないものです。

 Gmailには送信をしてから「数秒以内」なら、キャンセルできる機能があるようです。方法は、Gmailの右上にある「設定(歯車の形)」をクリックして、「Labs」を選択します。このリストの中から、「送信取り消し」を「有効にする」にするだけ。

 さっそく試してみると、送信後にしばらく「送信をキャンセルする」表示がされるようになりました。
 おーっ。

 実際にキャンセルをしたことがないので、正常に動いてくれるのかわかりませんが、万が一のときの保険として、試そうと思います。小さな設定変更で、大きな効果を期待しながら。

気づき)送信をクリックしてから、しばらくしてから実際に送信するというプログラムなら、技術的には、なんてことないですよね。






(Visited 14 times, 1 visits today)
カテゴリー: AppMac

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です