R0027545

 某クレジットカード会社の会員情報誌で連載をはじめたよ、と父が記事を見せてくれました。読書量と文才は父には追いつけない、と小学生のころからわかっていた私は、微妙な気持ちで拝読させていただきました。それは、思春期をすぎて、社会人になっても、私は「勝てそうもない相手」として父親のことを見ていたからです。

 でも、冊子を手にしながら、
 「勝てそうもない相手」と自分が見ていたことを認めた瞬間、
 元気なうちに、ノウハウを聞いたら、いいじゃん、と思いつきました。

 うまい文章の書き方を、教えてよ。

 父親は、うれしそうに、こう教えてくれました。

・メモは、しない。
・一気に、書く。
・読んでスッキリしないなら、最初からすべて書き直す。

 ううう、、、。
 本質的ですが、すぐに真似できる手法では、ない。
 次は、もうちょっと聞き方を変えて、手法を教えてもらおう。

気づき)「父親が元気なうちにプロジェクト」つづきます。






(Visited 122 times, 1 visits today)
カテゴリー: Essay

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です