DSC01085

 20年くらい活躍してくれたブラウン管テレビが、いよいよ壊れそう。

 勝手に電源がシャットダウンし、映像が途切れます。シャットダウンの頻度は高くなり、いよいよ事態は深刻です。わが家としては、DNR(延命措置はしない)を選択ずみなので、「ありがとう」をいって、お見送るつもりです。

 これを機に、「テレビなし」の生活をはじめることを計画しています。

 最終的にテレビを購入することになるにしても、「テレビなし」の生活にしばらくなることは、確実。テレビがなくなれば、会話も増えて、自分の時間をより大切にできる。静寂のなかに身をおいて、孤独な不安とともに、晩秋を迎えるのもいい。内なる時間を小さなコミュニティで深めることが、パーソナルとソーシャルの境目がない時代には、必要なのです。

気づき)と、いいつつも、薄くて大きな画面の後継機も同時に選択中。






(Visited 7 times, 1 visits today)
カテゴリー: Life

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です