薬学生の実務実習へのポートフォリオカリキュラム導入の試み


IStock 000023455892Small

 第一期の実務実習が終わり、学生さんたちからお礼の手紙をいただく時節になりました。より効果的なデザインになるように、調整しています。

<<< カリキュラム(2013年版) >>>


<実習前>
・学生、教員との事前面談
・学生は、病院について事前調査をする
・病院の図面を配布する

<実習1週目>
・実習のオリエンテーション
・ポートフォリオのオリエンテーション1(ポートフォリオとは?、取り組むの理由)
・「パーソナルポートフォリオ」の説明と作成
・「病院薬剤師について知っていることシート」の記入(実習前)

<実習2週目>
・病棟配属(1回目、1病棟に5週間配属)
・「もとポートフォリオ」の説明と作成

<実習3週目>
・「パーソナルポートフォリオ」の発表
・「患者さん、スタッフとの場面シート」の説明

<実習5週目>
・「患者さん、スタッフとの場面シート」のコーチング

<実習6週目>
・症例発表(1回目)
・「患者さん、スタッフとの場面シート」の発表(1回目)

<実習7週目>
・病棟配属(2回目、1病棟に5週間配属)
・ポートフォリオのオリエンテーション2(残りの実習でやること)
・実習最終日の発表イメージ、成果物の説明

<実習10週目>
・「患者さん、スタッフとの場面シート」のコーチング

<実習11週目>
・症例発表(2回目)
・症例報告とコア・カリキュラムのつながりを模造紙に書く
・「患者さん、スタッフとの場面シート」の発表(2回目)
・「病院薬剤師について知っていることシート」の記入(実習後)
・実習最終日の発表
・成長シートの書き込み

気づき)研修委員会、家庭医のチームからもご意見をいただきながら、修正中






(Visited 49 times, 1 visits today)