IMG 2295



<1> この一冊

「ホンモノの文章力 ―自分を売り込む技術」樋口裕一



<2> 正しいフォームから、城は作られる

 いま勉強をしている認定コーチの試験では、小論文が試験科目となっています。試験としての小論文は、久しぶり。感動ではなく、論理的にわかりやすく意見を述べることが求められています。

 もちろん、ブログを書きつづけているので、書くことに抵抗はありません。一方で、限られた文字数で、どう論理的に書くか・・・久しぶりに迷いました。

 ふと、樋口裕一先生のテキストを思い出して、読みなおし。そうです、そうです、こういう感じで、書くのでした。フォームを真似ることから。独創性やアイデアは、その後です。



<3> ブックメモ(Word’s Worth)

(小論文)
 1. 問題提起 (イエスかノーかで答えられる問題提起)
 2. 意見提示 (イエスかノーかのどちらの立場をとるか)
 3. 展開   (イエス・ノーの根拠を示す中心部分)
 4. 結論   (全体を整理し、イエス・ノーをはっきり述べる)

(エッセイ)
 1. 予告   (impactずばり。会話や行動描写で興味を。全体1/5)
 2. エピソード(出来事を具体的に書く。全体の1/3)
 3. テーマ  (2.から得た印象や考えを深く鋭く。全体の1/3)
 4. まとめ  (余韻のある締め)



気づき)こういう実践的なテキストに助けられる・・・社会人になっても。

ホンモノの文章力 ―自分を売り込む技術 (集英社新書)
ホンモノの文章力 ―自分を売り込む技術 (集英社新書)


(Visited 4 times, 1 visits today)
カテゴリー: Books

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です