IMG 0079

読むことで知るのではなく、体験するのだ。
「装幀思案」菊地信義

 英文をしばらく読んでいると、だんだんとリズムにのってきて、和訳をしないでも、そのまま入っていくるモードになります。その感覚をイメージできるテキストは、ないかな?。書棚には、いい感じの3冊がありましたので、ご紹介。

 村上憲郎さんの「村上式シンプル英語勉強法」では、英語を読むという感覚をイメージできます。そして、この感覚を、翻訳の世界から覗けるのが、柴田元幸先生の「翻訳教室」です。そして、日本語の「三省堂国語辞典」も、理解するというイメージを助けてくれるはずです。

1.「村上式シンプル英語勉強法」村上憲郎

 数年前にベストセラーになった英語の学習方法です。英語を読むとはどういうことか?。「英語を英語のまま『内容を英語で読む』」というエピソードで、英語を読む「あの感覚」を見事に再現してくれています。

2.「翻訳教室」柴田元幸
 英語の原文と、学生が実際に和訳した例を紹介しながら、翻訳の世界に引き込まれる1冊です。翻訳をインターフェイスとしながら、英語感覚でそのまま理解することができます。こういう良質な作業のくり返しからも、感覚は磨かれていくのでしょうね。

3.「三省堂国語辞典」
 最後に、国語辞典です。この「三省堂国語辞典」をセレクトした理由は、「言葉がわかる」1冊だからす。わからない日本語を、自分ならどう日本語に訳すのか、感覚をトレーニングしてみませんか?

気づき)体験することから、ひっぱられる感覚で、学びましょう

村上式シンプル英語勉強法―使える英語を、本気で身につける
村上式シンプル英語勉強法―使える英語を、本気で身につける

翻訳教室
翻訳教室

(Visited 13 times, 1 visits today)
カテゴリー: Books

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です