仕事が多い人ほど、iPhone1つの時間を作ってみよう


NewImage

 プライベートワークの日には、MacBook Airを持って出かけています。メールも文書作成も、写真も、すべて1台でできます。持ち物を最小限にして暮らしている私には、たいへん重宝。

 ところが、まれに、MacBook Airをリュックサックに入れ忘れてしまうことも…。こういうときこそ、新しい試みのチャンスということで、iPhone1つで1日を過ごす覚悟を。

 iPhone1つあれば、重点思考の環境が作れます。たとえば、文書は骨組みだけに集中できます。歩きながら、新しいアイデアを仕込めることも。

1.iPhone1つのおかげで、重点思考の環境が作れます。
 重点思考とは、改善効果の大きい重点問題に着目し、徹底的に対策をとるという考え方です。多数軽微項目(trivial many)よりも、少数重点項目(vital few)に集中する感じです。iPhoneしか手元にないという環境にして、重点思考にシフトしてはいかがでしょう?

2.たとえば、文書は骨組みだけに集中できる。
 iPhoneでの長文入力は、キーボード入力には敵いません。ですから、自然とキーになる単語や骨組み作りに専念することになります。モジュールのように思考を整理して、パラグラフ・ライティングをするなら、iPhoneのメモ帳機能だけで十分。

3.歩きながら、新しいアイデアを仕込めることも。

 iPhoneは、片手ですべての操作ができますから、歩きながらでも思考ができます。音楽とネットで一人の世界に閉じこもることも。何でもできてしまうMacBook Airよりも、新規性のあるアイデアに出会うには、ソクラテスのように、歩きながらがよいのかも知れませんね。

<関連する記事>
いちばん効く!文書を「パラグラフ・ライティング」で書いてみよう
パラグラフ・ライティングっぽく書いたら看護師長に「わかりやすいっ」と褒められた

気づき)iPhone1つだけ。不便さよりも、より効果的な使い方もできる。


(Visited 50 times, 1 visits today)