IMG 4451

 ダイニングで彼女と話をしていたときのことです。私の意識のなかで、あーーーっ、そんな風に思っているの?、という言葉やフレーズを、彼女が語っていることに、あらためて、気がつきました。それは、何もその日に限ったことではなく、長い間いっしょに暮らしていて、わかっている「互いの違い」というやつです。

 そのことは、生涯放っておこうと決めていました。だって、相手も自分も持ち合わせている違いある個性ですから。ところが、自分の気持ちは、どう思っているの?、と確認をしようとすると、ふるえているんです。そして、そのことを告白することに、決めました。

 で、「あー、なんだか、驚いちゃったな。その・・・って、いうところ。・・・について、もう少し話してよ」といってみました。

 相手が気持ちよく話しをしているところを、リズムを崩さずに、私がふるふるしていることを伝えて、そのところについて、語ってもらうことをお願いする。

 自分なりに、あっ、上手に聞けたな。と、自負。

 すると、彼女は、瞬時に

「なにそれっ?『宇宙語』みたいなやつっ」と、大笑い。
「もしかして、例のほらっ。勉強しているやつ?」と、笑いが止まりません。

 ここで、コーチングは、私の技量不足にてセッション終了です。

 最初にトライした相手が悪かった。
 うまくできたと思っちゃっただけに、悔しい。。。

気づき)「ポートフォリオ」「プロジェクト学習」、そして「コーチング」という学習モデルを使えるようになりたいので、コーチングを勉強中なのです。次は、可愛げあるスタッフでトライしよう。

JAL 日本航空 特便割引


(Visited 8 times, 1 visits today)
カテゴリー: コーチング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です