IMG 6710

 マスクをちゃんと着けていない人を見ると、電車のなかでさえも、つい声をかけたくなってしまいます。私の通勤ルートに限ってみれば、正しいマスクの装着率は、30%くらいでしょうか…

 電車のなかで、マスク装着の講義をするわけにはいきませんので、ブログにメモ。

 公衆衛生にとって、感染対策の「文化の醸成」は、重要です。とくに、インフルエンザが流行しているこのシーズンは、「咳エチケット」ですね。1人ひとりが、正しいマスクの着け方を確認しましょう。

 公衆衛生にとって、感染対策の「文化の醸成」は、重要です。安全文化の醸成と同様に、公正さや正義(just/fair Cutlture)というような視点が、公衆衛生という場にも適応されるはずです。一人のルール違反は看過できませんし、エラーがつづくようならルールやトレーニングの見直しが必要です。

 とくに、インフルエンザが流行しているこのシーズンは、「咳エチケット」ですね。咳エチケットとは、風邪などで咳やくしゃみがでる時に、他人にうつさないためのエチケットです(たとえば、「熱、咳、くしゃみのある人はマスクをしましょう」「せき、くしゃみをするときは、ティッシュやハンカチで(自分の袖口でもOK)、口や鼻を覆いましょう」など)。厚生労働省のポスター東京都感染症情報センターなど、いろいろと案内がされています。

 1人ひとりが、正しいマスクの着け方を確認しましょう。ワイヤを上にして、ヒダが山折りになる側を外側にして、鼻の部分をぴったりフィットさせます。メディコムのホームページに「正しいマスクの着用方法」が、わかりやすく紹介されています。

気づき)正しいマスクを着用している人は、信頼できる人ですよ。手洗いも同じく。


(Visited 18 times, 1 visits today)
カテゴリー: Infection

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です