会社にとって、都合のよいあなた


f:id:MotoNesu:20120702174817j:image

 語学ができるとか、ライセンスを持っているとか、自分のスペックをいくら向上させても、結局は「会社にとって、都合のよいあなた」であるという論調には、一理あると思っています。Cal Newport の著書『So Good They Can’t Ignore You(誰もが無視できなくなるまでスキルを高めよ)』には、情熱を傾けられる仕事を探すのは止めて、”become so good you can’t be ignored.(誰もが無視できないほどにスキルを高めよう)”とも書かれています。

 わたし、ですか?

 「基本スペック」は必要と思っています。対象から物事を理解したり、感じたり、評価をして関連する課題を解決するには、基本的な教養が必要と思います。で、基本的なスペック、教養って、何でしょうねえ。

気づき) 基本スペックが足りないので、学んでおります。社会にでて、気づいたから。

So Good They Can't Ignore You

So Good They Can’t Ignore You

(Visited 30 times, 1 visits today)