ASという日々


f:id:MotoNesu:20120815092453j:image

 

 セレクトショップのBEAMS WOMEN’S 秋冬キャンペーンで「LIFE AS CINEMA」というキャッチコピーを見つけて、あっ、うまいな、と。

 私たちは経験をしてから、感情を抱いたり、価値に気がつく。つまり、映画のような生活ね、と後付けされる関係性です。それは、LIFE like CINEMA とか LIFE is CINEMA というように。生活の中にCINEMAを見つけたり、見出したり、または気がつくという、CINEMA in LIFEのような関係性です。

 一方で、LIFE AS CINEMAは、もうすでに、生活はシネマ。朝起きてから、太陽におはようをいって、朝食を食べ、着替えてドアを開けるところから、生活シネマがはじまっている。映画みたいに生きてみようって。

 場面の前にコンセプトを期待することは、いろいろなシーンでいきてくる。

  ・人と会う前に、自分にない価値を期待する

  ・行動を1つ変えてみようと思いながら本を1冊読む

  ・意図しながらも、気楽にファインダーを向ける

 もうすでに、価値があるものとして、そのシーンを経験する。

 LIFE AS CINEMA。

 いいですね。

気づき)

 コンセプトを期待しながら接したら、すべての輝きがちがう

(Visited 8 times, 1 visits today)