ポートフォリオにいれるものはちゃんとリストで渡そう


f:id:MotoNesu:20120818201801j:image

明日を当てにすることを少なくしようとするためには、今日をしっかりと確保しておけばよい。

先延ばししているあいだに人生は走り過ぎてしまうのだから。

(『セネカ哲学全集5 倫理書簡集I』セネカ)

 ポートフォリオに何を入れたらいいのかわからない、とよく質問をいただきます。そういう私も、学生さんや新人さんに「ポートフォリオに入れておきな~」とそのまま声をかけています。でも、「入れておこう!」だけで、本当にポートフォリオは膨らむのでしょうか?

 テキストを参考にしてみましょう。

 鈴木敏恵「プロジェクト学習の基本と手法―課題解決力と論理的思考力が身につく」教育出版

 P.177には、ちゃんと書いてありますね。「ポートフォリオに入れるもの」。

 ここには、ポートフォリオに本来入っているべきものがリストになっています。

 しかも、フェーズごとに。

 親切なことに、

  ・下書きなど思考や作業の途中のメモなども必す入れる。

  ・フェースや活動ごとの「目標」「評価」なども入れる。

 と、注意書きまで。

気づき)

 ・「できるかな?」と心配する前に、このリストをちゃんと学生さんや新人さんに渡してみましょう。

 ・私も今回は、目に見えるこのリストをちゃんと学生さんに配布してみました。

 ・さて、薬学生の「もとポートフォリオ」は、今回もちゃんとふくらむかな?

(Visited 9 times, 1 visits today)