あらためて自分がもっている素質について感謝するということ


f:id:MotoNesu:20120731095329j:image

 この雑多な寄せ集め(ラプソディ)においては、入れるには及ばないほどくだらない主題など存在しないのである。モンテーニュの「エセー」を読んでいると、「あらためて自分がもっている素質について感謝するということ」というテーマについて、ふと、書きたくなってしまったので、メモ。

 ・最後は大丈夫という安心を信じてみる

 ・習慣にしてつづけたら、すべては楽しくなる

 ・そして、まだ「自分さえも気がついていない素質を受け止める」素質って何だろう?

 今週、私がメモしていたこれらのラプソディを眺めながら、

 20年ごとの人生サイクルをイメージ。

0~19歳 20~39歳 40~59歳 60~79歳 80~100歳
愛情 プレイヤー チーム 社会貢献 自分にもどる

 社会に飛び出す前の20年は、セイフティベースとしての愛着。20歳から思いっきりプレイヤーとしてチャレンジしながら、40歳からはチームで活躍できるように。社会に貢献できるのはその先で、最後の「自分にもどる」とは、孔子の言葉でいえば「矩をこえず」ということです。

気づき)

 ・100歳の人生として2マス終了なのです

 ・20年ごとの役割って?

 ・「矩をこえず」の境地はすんごいよ、きっと

(Visited 11 times, 1 visits today)