「コツコツ」と殻をつつく音を聞き逃さないように

 スタッフへの教育、子どもの習いごと、そして自己研鑽。どのタイミングで、手を差し伸べるのか?、みなさんは、迷う瞬間はありませんか?。  安土桃山時代から続くという深川神明宮の社務所で、ある小学校の校長先生から講話をいただ…

ASという日々

   セレクトショップのBEAMS WOMEN’S 秋冬キャンペーンで「LIFE AS CINEMA」というキャッチコピーを見つけて、あっ、うまいな、と。  私たちは経験をしてから、感情を抱いたり、価値に気が…

あらためて自分がもっている素質について感謝するということ

 この雑多な寄せ集め(ラプソディ)においては、入れるには及ばないほどくだらない主題など存在しないのである。モンテーニュの「エセー」を読んでいると、「あらためて自分がもっている素質について感謝するということ」というテーマに…

意見を言わなければはじまらない、意見を言うだけではまとまらない「チームの感触」

 「決める人」がチームの中で決めるべき課題について提案や仮説を用意せずに、そのままチームメンバーでディスカッションをしたらどうなるのか?、試してみました。というのも、決める人である私も決定的で有力な提案がその場に持ち込め…

ありがとうございます…「アシュトンマニュアル」の日本語版

時間というものはない。 あるのはただ、無限に小さな現在だけである。 (「文読む月日」レフ・ニコラエヴィチトルストイ)  睡眠薬や抗不安薬として、多く処方されているベンゾジアゼピン系を長期に服用した場合の、薬物依存や副作用…

同調的な日曜日のトレーニング

プライバシーとプブリックネスは互いに相容れないものではない。 実際、その二つは互いに支え合うものだ。 (「パブリック」ジェフ・ジャービス)  あくまでも、自分を軸にしながら、相手について自分が「ん?」と思ったことについて…

自分で行動を決めるための2週間ビュー

「生のごくわずかな部分にすぎぬ、われらが生きているのは」 (「セネカ哲学全集1」セネカ)  時間の管理には、いくつもの方法が提案されています。そもそも時間を管理したいとは、「その時間の行動を管理したい」という要望だと思い…

「在る」だけでも個性でしょう

 ぶうと云いって汽船がとまると、艀が岸を離はなれて、漕ぎ寄せて来た。  船頭は真っ裸に赤ふんどしをしめている。  野蛮な所だ。 (「坊ちゃん」夏目漱石)  ある日、女の子(たぶん4歳くらい)に「未来ってなに?」と聞いたら…

無為の事に処り、不言の教えを行なってみたい

聖人は、無為の事に処り、不言の教えを行なう。 (老子)  20代のころに、UNESCOで日本の薬害を発表をしたことや患者会のニュースレターにエッセイを連載していたことを見つけ出した若いスタッフが、「自分と同じ年なのに、ど…

副作用の定義って何だっけ?、使い慣れた用語の定義を確認しておこう

よく注意してほしい。 その名前を教えられる前、君は、ただ自分は自分であると思っていた。 (「14歳からの哲学」池田晶子)  副作用の定義について、あらためて確認をしておきたくなりました。というのも、ふだん「副作用」という…