f:id:MotoNesu:20111230155732j:image

Less is more.

より少ないことは、より豊かなことだ。

(Ludwing Mies vander Rohe)

 先日発売された MacBook Air 2012年モデルをフルスペックで購入しようと思ったら、20万円弱の出費になるので、ちょっと尻込み。2年前から使っている古いモデルでも、いまもちゃんと動いてくれます。文書作成がメインの私には、2GBメモリも不自由ではありません。

 でも、128GBの容量では、サブノートのままで、何とかメインになってくれたら…。

 何とか工夫して、もう2年間使い続 けたい。

 そういう願いで悩みつづけ、選択した結果、以下のプランを実行中。

1.SSDを256GBに自分で換装する

 MacBook Air のSSDは、いつのまにか自分で換装できるようになっていたのですね。しかも、256GBなら、25,000円くらい。写真や音楽は、本当に使うもの残したいものだけに選択すれば、256GB の MacBook Air は十分にメインマシンなりそうです。

2.OSをマウンテンライオンにアップデート

 そして、近日発売される「マウンテンライオン」に、1,700円でアップデート。私は OSX10.6(白豹だっけな?)をまだ使っているので、iCloudも新しいイロイロもすべてが初体験。まるで新しいMacを購入した気分、間違いなしです。

3.白雪姫のアートステッカーとクールケース

 予算に余裕があるなら、白雪姫シールを貼るのもいいかも。ビジネスライクではありませんが、視座をゆるがしましょう(1回貼ってみたかった…)。AIRTEGOのケースは丈夫な紙でできていて、ケース以上の存在感がないところが素晴らしいです。

気づき)

 ・いやいや、楽しみ

 ・もう2年使うので、私が完全に使いきり

 ・お金があることよりも、「選択する」ことが幸せの道へ

【MacBook Air 256GB】交換用SSD

【MacBook Air 256GB】交換用SSD

LESS IS MORE 自由に生きるために、幸せについて考えてみた。

LESS IS MORE 自由に生きるために、幸せについて考えてみた。

(Visited 27 times, 1 visits today)
カテゴリー: Mac

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です