調子にのった不惑は、ときに理解されなくても


f:id:MotoNesu:20120607122256j:image

子曰く、

吾れ十有五にして学に志ざす。

三十にして立つ。

四十にして惑わず。

五十にして天命を知る。

六十にして耳従う。

七十にして心の欲する所に従って、矩を踰えず。

(「論語」孔子)

 30代のころから、うすうす気がついていたのですが、40代は結構「身勝手」です。たいていの40代は自分の好きなことしか、やらない。「え、何か問題ですか?」と詰問されてしまいそうですが、あえて書きます。

 40代は、身勝手。

 でも、それでいい。

 自分も、ジャスフォーになってわかったから。

 なぜ、そんなことを公言(っていってもブログ)するかというと、20年を2クール生きたから。「20年ってこのくらいか」感が、私の手のひらにのったのです。比較的手抜きはせず、明朗快活、誠実でありたい、を標語に生きてきたような人生でした。なりたいなビジョンもあって、やってきて、だいたいの成果とのバランス感触が、わかったということです。

 20年をもう1クール終わったら、60歳。

 そしてプラスワンで、80歳ですよ。

 私すら気がついていない、

 自分のなかにある、

 心の声にしたがって、40代をすごそう。

 そう決めつつある。

 結局は、それがみんなのためでもあるし。

 そして、楽しみです。

 そういう40代をこれから過ごせることが。

気づき)

 ・ただの身勝手宣言だな。でも「よき心を持って」という誠意さが前提です。

 ・ジャスフォー=ジャスト40歳のことね

 ・みなさん、ありがとう。

論語 (岩波文庫)

論語 (岩波文庫)

(Visited 7 times, 1 visits today)