自分という循環のはじまりと終わり


f:id:MotoNesu:20120618134900j:image

 自分という循環は、両親に出会った時にはじまっているわけですが、その初めと終わりがどこなのか、想像するのも面白いかも知れませんね。

1.最期イメージ

 ルーチン業務やコモディティな能力を引いた人生の残渣が、ユーモアやセクシーさ、という煌めきだったら、うれしい。もちろん誠実さ(integrity)が基本でしょうけど、「出来のよい」で終わりたくない。しょうもなさに艶がでたら、至高の境地。

2.矛盾でいい

 というのも自分という存在は、そもそも矛盾だらけ。そこを受け止めて、誠実に振舞おうとする姿は、愛おしい。「美」のような確かさは、自分ではないどこかにあるのでしょうね。ほんの僅の。

3.その見ている方向を変えるだけ

 個別から全体に、静的ではなく動的なゲシュタルトへ、問いの向きを変えたら、見えるものも変わってくるはず。ちょっと向きを変えるだけだ。やっているはずだから、大丈夫。

気づき)

 ・いい風が吹き続けていますね

 ・いろいろなことが、対話できる

 ・季節の変わり目は、向きを変えるチャンスかも

(Visited 5 times, 1 visits today)