ヒットしつづける3冊のテキストを読んで見つけた「1つのルール」


f:id:MotoNesu:20120618135936j:image

 君はいま中学生だ。

 どうだろう、生きているということは素晴らしいと思っているだろうか。それとも、つまらないと思っているだろうか。あるいは、どちらなんだかよくわからない、なんとなく、これからどうなるのかなと思っている、多くはそんなところだろうか。

(「14歳からの哲学 考えるための教科書」 池田晶子)

 「池田晶子さんの『14歳からの哲学』を読み返しています」と、薬学生がパーソナルポートフォリオを見せてくれたので、私も書棚から取り出して再読してみました。

 すると、第一章は「生きていることは、素晴らしいことか、つまらないことか」がテーマで、これは「生きる」+「感想」の組み合わせ。そもそも「生きるってなに?」と、はじまるわけです。「生きる」ことの事実確認。「素晴らしい」か「つらい」かは、気持ち。

 「生きる」っていうことが何なのかを考えはじめたら、

 「つらい」思いをしていても、その悩みがふっとんでしまう。

 テーマそのもの、事実、どう認識しているか?に向き合うことって、

 いろいろな解決になる気がするのです。

 木下是雄「理科系の作文技術」には、事実と意見を分けて書きなさい、と何度も教えられ、 福澤一吉「議論のルール」からは主張だけではなく根拠、論拠を述べよう、と。そして、池田晶子「14歳の哲学」では、題材そのものが何かを考えよう、という問い。3冊のテキストが、1つのルールでつながりました。

 「事実+意見」何かを話すときに気をつけていることは、1つだけ。

 http://d.hatena.ne.jp/MotoNesu/20120618/1339960857

 強力なロジックなんだろうな、これ。

気づき)

 ・という切り口を見つけました。

 ・話すときに、聞くときに、この構造を意識してみよう。

 ・3冊のテキストは、以下です。

14歳からの哲学 考えるための教科書

14歳からの哲学 考えるための教科書

理科系の作文技術 (中公新書 (624))

理科系の作文技術 (中公新書 (624))

議論のルール (NHKブックス)

議論のルール (NHKブックス)

(Visited 13 times, 1 visits today)