「限られた空間ライブ」だから人生は毎日が初日


f:id:MotoNesu:20120618040917p:image

全体とは、その内部に砂地すなわち場を含み、その場に部品(個物)を位置づけることができるもの(世界)のことをいうのである。

(「場の思想」清水博)

 いつもはテレビや映画でなければ拝見できない俳優さんたちでも、たとえば、劇場へ出向けば、たいていは会えるようです。北川悦吏子脚本の「彼女の言うことには。」には、真矢みき、筒井道隆、矢田亜希子が出演。同じ空間を過ごすと、「こんなかーっ」と、はじめて自分の手に落ちる感触が残ります。

 演劇は、「限られた空間ライブ」。「いつでも同じ仕上がり」ではなく、観る側も予定を決め込んで出かけなければなりません。

 「限られた空間ライブ」は、限られた場所とキャストと時間を使って、届けるメッセージです。特殊撮影はもちろん、画面いっぱいのズームもできない。撮り直しも不可。いまそのタイミングを仕込むという一回性は、「現実の人生ライブ」と同じですね。

気づき)

 ・脚本がないから、人生は未知ですね

 ・全体に何があるのかわかると、次に何をすればいいのかわかる

 ・そういえば、小学生のころは、演劇部だったな

場の思想

場の思想

(Visited 9 times, 1 visits today)