「話しにくいテーマ」こそ、スタッフと話せたら・・・


f:id:MotoNesu:20120101162235j:image

「晩年」は、私の最初の小説集なのです。もう、これが、私の唯一の遺著になるだろうと思いましたから、題も、「晩年」として置いたのです。

(「もの思う葦」太宰治)

 「どうしてここで、働きつつけているんですか?」

 「次は何をしようとしているのですか?」

 話しにくいタイトルで、スタッフと会話することは大歓迎。最初は互いにぎこちないのですが、それでも「話しにくいテーマ」は、話すだけの価値があると思っています。

 と、いうのも、

 「話しにくいテーマ」には、定式的な答えのない相手へのメッセージだから。

 ルーチンのワークで手一杯なのは、百も承知。新しい知識を仕入れながら、走りつづける世界だから。だから、「何のために?」「どうやって?」というテーマについてゆるやかに話す時間は、とても貴重。

 この時間が、管理者とスタッフの間で、全くないと・・・・

 「辞めたいんですけど・・・」と突然の残念がやってくる

 (と、私は思っている)

 社会人としてのあるべき姿とか、マナーはもちろん、病院や組織の理念。パッケージ化されたコードなら、社訓を壁にかけておけば、職員教育は完了でしょう。で、となりの上司は、どう思っているのか。その時間が大切。

 スタッフが、自分の迷いについて思考しはじめるために、

 わたしも、自分を語らないといけないと思っています。

気づき)

 ・ブログの題材、書くことチェンジ中

 ・ほんの少しの生まれ変わりから、大きな変化

 ・書くときは違う自分

もの思う葦 (新潮文庫)

もの思う葦 (新潮文庫)

 

(Visited 10 times, 1 visits today)