ゴールは大きすぎず小さすぎず2 薬学生実務実習(43)


つぎは、こちらです。

f:id:MotoNesu:20120314033549p:image

透析アミロイドーシスによる慢性疼痛の症例に接したときの

アプローチの仕方について、提案します

解決策も、いっしょに見たいですね。

いかがでしょう?

気づき)

 ・接したときとは、具体的にどんな場面なのでしょう?

 ・痛みをもっている患者さんに接した時のこと?

 ・使う言葉は症例がいいの?、患者さんがいいの?

 ポートフォリオとプロジェクト学習&薬学生

 薬学生の実務実習のリアルタイムブログです

 → 鈴木敏恵の未来教育プロジェクト/ブログ 

   http://miraikyouiku.jugem.jp/ 

(Visited 18 times, 1 visits today)