f:id:MotoNesu:20120220144502j:image

(小児科の実習。ドライシロップの味見を、30種類くらい。)

 さて、学生3人は、以下のようにゴールを決めました。

<症例> <学生が作ったゴール>
95歳男性の水疱性類天疱瘡 薬学生に類天疱瘡の症例報告の作り方について提案します
60歳肺腺がんにgefitinib 薬学実習生5年生が初めてイレッサを学ぶときの3つのポイントを提案します
透析アミロイドーシスによる慢性疼痛 薬学5年生が透析アミロイドーシスの症例を見るためのポイントを提案します

 しかし、私は、私自身がこれをどのようにテーマポートフォリオとして、

 再構築するのか、イメージができていませんでした。

 ましてや学生が、このテーマでどのように再構築をするのか、できるのか、不安になりました。自分がこれまでやってきた症例報告や研究テーマについて、その意義や結果を示することはできましたし、そこで、学生に「見本」を作ろうか?、とも思ったのです。

 しかし、見本を作らないと作成できないようなゴールは、

 本当に学生本人たちが、やりたいテーマなのでしょうか?

 鈴木敏恵先生からアドバイスをいただきました。

 あたらめて、大事なこと。

 つまり、プロジェクト全体のゴールを明確にしてからはじめましょう。

 そのプロジェクトは、誰のために発表するのか?

 これは、薬剤師や医療スタッフのためでも、テスト評価のためでも、単位のためでもない。

 気持ちをもって、他者に贈る。

 その他者って、だれ?

 医師のために、プロジェクトするの?

 薬剤師のために、プロジェクトするの?

 患者さんのために、プロジェクトするの?

 薬学生じゃないとできない。

 薬剤師にはわからなく、薬学生だからこそわかる相手ってだれ?、

気づき)

 ・問いが間違っていたら、正解をだしても意味がない

 ・だから、もう1度チームのプロジェクト全体のゴールを明確に

 ・ここが山場

 ポートフォリオとプロジェクト学習&薬学生

 薬学生の実務実習のリアルタイムブログです

 → 鈴木敏恵の未来教育プロジェクト/ブログ 

   http://miraikyouiku.jugem.jp/ 

 ★鈴木敏恵先生のTwitterアカウント @suzukitoshie

(Visited 12 times, 1 visits today)
カテゴリー: ポートフォリオ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です