f:id:MotoNesu:20120101082052j:image

(コンコンと現場から課題や気づきは、湧いてくる・・・)

 さて、前回は3人の学生が、ゴールを書いてきました。

 薬学生が作成したゴールシートには、

・薬剤師の仕事って何なのか、知ってほしい

・褥瘡回診のときのもうちょっと知識があれば

・ヒヤリハット報告を分析したら、何か解決策があるのではないか

・リハビリ室の人たちによくしていただいたので、何かできることがあるのでは?

 など、さまざまな願いも、記されていました。

 鈴木敏恵先生からアドバイスをいただきながら、これを整理してみました。

 すると、、、こんな感じ。

(1)病院薬剤師って? (職業の認知、仕事が何なのか)
(2)病院のなかで (チーム医療、医療安全、他職種)
(3)患者さんに寄り添う (薬・治療方法という個別ではなく、生きた患者さんに寄り添う)

 このなかで、薬学生が、病院で学ぶことは何か?

 おそらく(3)でしょう。

 学生たちは、ちょうど1つめの病棟が終わり、受け持った患者さんについて症例報告をします。

 そのことと関連させて、ゴールを相談してみようと思います。

気づき)

 ・状況下でコーチングをする

 ・患者さんを幹にして、派生的に学べる

 ・重要なことと、非重要なことの区別も

 ポートフォリオとプロジェクト学習&薬学生

 薬学生の実務実習のリアルタイムブログです

 → 鈴木敏恵の未来教育プロジェクト/ブログ 

   http://miraikyouiku.jugem.jp/ 

 ★鈴木敏恵先生のTwitterアカウント @suzukitoshie

(Visited 27 times, 1 visits today)
カテゴリー: ポートフォリオ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です