チームのゴールに集まる 薬学生実務実習(33)

(チームのゴールを見上げて進もう)  プロジェクト全体のゴールを明確にしてからはじめる。  これは、大切なことです。  何を解決するのか、明確になっていなければスタッフ・学生は問題に取り組むことができないからです。解くべ…

薬学生が気持ちをこめて贈る相手は誰? 薬学生実務実習(32)

(小児科の実習。ドライシロップの味見を、30種類くらい。)  さて、学生3人は、以下のようにゴールを決めました。 <症例> <学生が作ったゴール> 95歳男性の水疱性類天疱瘡 薬学生に類天疱瘡の症例報告の作り方について提…

まず自分で気づく機会を。アドバイスはその次に 薬学生実務実習(31)

(プレ発表をしてみて、まず自分で気がつく機会を。)  実務実習もいよいよ8週目になりました。  先週末に、テーマポートフォリオについて薬学生とやりとりをしました。  テーマは、かなり「いい感じ」のゴールを決められました。…

自分と他者のためにゴールを作成する 薬学生実務実習(30)

(ゴールは輝いて、導いてくれるから・・・)  病棟で受け持った患者さんについて、薬学生症例カンファレンスがすべて終わりました。  3症例とプロジェクト学習としてのゴールは、以下です。 <症例> <学生が作ったゴール> 9…

だから治療は継続すべきだと思います 薬学生実務実習(29)

(情報が読み取れる、情報から判断する)  昼のミーティングでは、症例発表がはじまっています。 「肺がんで、gefitinib(イレッサ)を使用している入院患者さん」  7分の発表と、質疑が終わった後に、私は、こう声かけを…

滾々と湧いてくる場所から 薬学生実務実習(28)

(コンコンと現場から課題や気づきは、湧いてくる・・・)  さて、前回は3人の学生が、ゴールを書いてきました。  薬学生が作成したゴールシートには、 ・薬剤師の仕事って何なのか、知ってほしい ・褥瘡回診のときのもうちょっと…

「ゴールを書いてみて気がつくこと」から 薬学生実務実習(27)

 さて、薬学生のテーマポートフォリオのゴールシートを準備する週がやってきました。  ゴールシートを書いてきた学生も、書いて持ってこられなかった学生もいます。  ゴールシートは、学生が一人で考えて書いたものなので、一人づつ…

未知を歓迎する「現実は動いている」から 薬学生実務実習(26)

(自然の組み合わせは、たのしいことばかり・・・)  学生実習もいよいよ7週目。ここから、実習終了の11週目までは、はやいです。今日から2つめの病棟にはいって、あたらしい出会いもあるでしょう。  未知を歓迎する。現実は動い…

どの分野でもたいていのことができてしまう「できる人」の理由 薬学生実務実習(25)

(空の模様は同じ瞬間がないから、飽きない。人とのつきあいも同じ)  学生でも医療スタッフでも、でる人は、分野が変わってもたいていのことはできてしまう。それは覚えがいいとか、最初からその人ができる、というのではない。  よ…

シーンをもとう 薬学生実務実習(24)

(意識して、そのシーンをもとうとすることから)  深いな、となぜ思ったのだろう。  tan_toさんや、saku309さんへの鈴木敏恵先生のコメント。 ・ビジョン・ゴールのフェーズの間にと期限をはっきり伝えておきましょう…