A4の1枚に手書きをしてワークショップをはじめよう


f:id:MotoNesu:20111009133310p:image

(ワークショップ開始1時間前に担当者とニーズの確認)

Your heart is your anchor.

When the mind does not understand, go to your heart.

It always understands.

(Ask Divine Mother.)

 ワークショップ(WS)の進め方で、必ず最初にすることは、「A4の1枚に、予定を書き出すこと」でした。

1.その日のWSを、時間軸で書き出して、シェアする

 A4の1枚に、線を引いて、1日のワークショップの予定を書き出す。これだけ。講演の依頼者とニーズの根本を確認をする。しかも、これはワークショップ開始の1時間前にすぐに。要求の高さとスピードで、こちらも準備。

2.骨組みが間違っていなければ、結果はついてくる

 その日の正否は、この1時間前のミーティングで決まる。骨組みがあれば、ファシリテーターも全体のイメージができるので、あとは参加者の意気込みや理解度、質問で巻き込み方を調整する。だから、最初の骨組みで、ワークの向かう終着駅は選択されているのだ。

3.参加者とシェア

 参加人数が多かったり、数日かけるワークなら、模造紙に書いて貼りだすことも。見えすい文字で、見やすい図表で、内容が間違っていないこと。

気づき)

 ・参加者ニーズの実現化のための予定

 ・時間と何をどうするのか?

 ・安心と冒険のための大切な時間割り

(Visited 17 times, 1 visits today)