サンデル教授から学べた3つの強力な哲学者たちのスタンス


f:id:MotoNesu:20110904162222j:image

さて、今夜は「正義」の意味についていっしょに考えていきたいと思う。

それも、偉大な哲学者の考え方を検討することによってだ。

(「日本で「正義」の話をしようサンデル教授の特別授業」マイケル・サンデル )

 サンデル教授の日本講演のDVDをお借りしました。拝見してみると、本当に多くのことを学べます。教授の手法は、簡単に真似できません。

 しかし、哲学者たちの3つの強力なメッセージは、すぐにでも参考になりそうです。

 引用するのは、東京講演の冒頭部分です。

さて、今夜は「正義」の意味についていっしょに考えていきたいと思う。それも、偉大な哲学者の考え方を検討することによってだ

だが、そうした考え方を吟味する際、われわれは自分自身で考え、おたがいの話に耳を傾け、議論し、討議するという方法をとりたい。

まず、正義に関する三つの哲学について考えてみたい。それは、「正義にかなう社会をつくるにはどうすればいいか。正義にかなう社会は何の中にあるのか」という問いへの三つの答えでもある。

一つ目の答えは、正義とは幸福の最大化であるというものだ。

(イギリスの功利主義哲学者、ジェレミー・ベンサム)

二つ目の答えは、正義とは人間の尊厳と自律を、個人の選択の自由を尊重するということだというものだ。

(ドイツの哲学者、イマヌエル・カント)

三つ目の考え方は、正義とは幸福を最大化することや、人間の尊厳を重んじることに尽きるのではなく、美徳と善き生を栄えあるものと考えて培うものである、というものだ。

(古代アテネ、アリストテレス)

 この強力な3つのスタンスで、コンフリクトする命題を、職員や学生と考えることができます。意識せずに選択されている行動を、それは正しい行為だったのか?、正しいとすれば誰にとって正しいのか?、その理由は?、論拠をもって考えをシェアする習慣が、私たちが生きやすくなる一歩になるのかも知れませんね。

気づき)

 ・この3点に、サンデル教授の授業のエッセンスがつまっている

 ・いまさら?、といわれそうですが、いいんです。

 ・私たちの悩みは、すでに悩まれ済みである

(Visited 12 times, 1 visits today)