f:id:MotoNesu:20110901044623p:image

昔話は、語られている時間のあいだにだけ存在する。

ということは、

語り終わったら消えるということです。

(『こんにちは、昔話です』小澤俊夫)

 国際的な昔話の研究家、小澤俊夫先生による昔話の中から 現代の子育てや生き方のヒントにもなるメッセージをいただける「小澤俊夫 昔話へのご招待」。FM FUKUOKAの番組なのですが、インターネットでも、iTunesでもすべて無料で聴けることをご存知でしたか?

(リンクはこちら)

FM FUKUOKA「小澤俊夫 昔話へのご招待」

 私は、すべての番組(90本くらいかな?)をつねに持ち歩いています。小澤先生による昔話の解説は、どんなにことにも予定調和があることや、語り部のリズム、国や地方によってちがう言葉を、「身体から、身体に」伝えてくれます。

 絵本を読んだり、読書をすることとは、違う体験で、声を耳で聴いて、想像する世界にすーっと、入り込んで、またもどってくる。語りは、身体を使った経験です。

1.いくつかのお話を覚えて、語ってみる

2.口伝えで、人はどう育つのか

3.ストーリーを通じて伝えたかったことは?

気づき)

 ・「聴く」部分は、かなり空いていますね

 ・聴ける素材は、テレビとは違ういい品質がある

 ・「話し手」「語り部」になるって、いいかも

(Visited 13 times, 1 visits today)
カテゴリー: Diary教育

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です