f:id:MotoNesu:20110830044820p:image

はじめての思い出?

はじめての思い出っていうのは、たっくさんのことを思い出せる思い出のことよ。

その思い出は、どんどん、どんどん、思い出されるの。

初恋もそうでしょ。だから、はじめてっていうのよ。

『はじめての思い出って?』4歳、女の子

 高校の友人の勧めで、映画「小さな哲学者たち」を観ました。年中組の4歳から年長組5歳にかけて、子どもたちは、パスカリーヌ先生の「哲学のアトリエ」で先生を囲み、キャンドルが灯ると、対話を始める。月に2~3回、1回約20~30分間のセッションドキュメンタリー。

<こちらで様子が見られます>


D

ドキュメンタリーなので、その教育セオリーには、フォローが必要です。

気がついた点を3つ。

1.グループディスカッションで「否定」(他人と私の見えている世界は違う)を学ぶ

2.たとえ真似であっても、自分で語ることで「再帰的な視点」が生まれる

3.子どもは余計なことを考えず、ダイレクトに命題に入れる(大人よりチャンスがある)

気づき)

 ・知識よりも、概念を問う

 ・「~~って、なに?」で反応がなかったら、「~~って、何色?」とフォーカスを絞る

 ・無限の可能性をもらう気持ちで!

(Visited 6 times, 1 visits today)
カテゴリー: Movie教育

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です